注意点には

矯正器具を装着しなければならない問題

悪い歯並びは改善したいけれども、矯正歯科の治療は受けたくないという人も中にはいることでしょう。そして、矯正歯科の治療を受けたくない理由の1つは、矯正器具を装着しなければならないことだという人が多くいることでしょう。矯正器具は目立ちますから、常に注目されてしまいます。自分の意思と反するところで注目されるのは、嫌なものです。ですから、矯正歯科の治療を受けたくないという気持ちになるのは、納得できます。 ですが、現在の矯正歯科治療において、そのような心配は不要です。なぜなら、歯と同じ色をした矯正器具、透明な矯正器具、歯の裏側に装着する矯正器具があるからです。歯と同じ色、並びに透明な矯正器具でしたら、従来の矯正器具よりも格段に目立たないようになっています。そして、歯の裏側に装着する矯正器具でしたら、目立たないどころか人目に触れることすらないのです。

高額な治療費を支払わなければならない問題

矯正歯科の治療には、もう1つ受けたくない理由があります。受けたくないと言うよりも、受けられない理由と言った方が良いでしょう。その理由とは、治療費です。矯正歯科の治療費は平均すると大人の場合、100万円近くしてしまいますし、子供の場合でも50万円くらいはしてしまいます。 治療費が高額な理由は、保険と関係しています。矯正歯科の治療は一部のみしか保険適用が認められておらず、ほとんどの場合が保険適用外、すべて自己負担の治療になっているのです。 保険適用の条件が緩和されない限り、根本的に治療費の問題が解決されることはないのですが、それでも有効な手段はあります。 有効な手段とは、分割払いにすることです。分割払いにしたからといって治療費が安くなるわけではありませんが、それでも1回の支払いが安くなることで負担は大幅に軽減されます。 また、年間、10万円以上医療費を支払った場合、確定申告をすれば納めた税金が一部還付される医療費控除という制度があるのですが、この制度を利用することも有効でしょう。 但し、分割払いに応じていない歯医者はありますし、医療控除が受けられない治療もありますので、事前の確認が必要です。