歯科医院を選択

たくさんあるからこそ難しい歯科選び。

身近にたくさんありながらも、なんとなく行くのを先延ばしにしてしまいがちなのが歯科。 「あまりにも数が多すぎてどこを選んでいいかわからない。」そのような声もよく耳にします。 必ずしも当てはまるわけではありませんが、歯科選びのポイント、注意点はいくつかあります。 歯科は基本通院することになりますから先生や受付スタッフとの相性は大切です。 受付態度などには少なからず院長の性格や方針が反映されるので、予約時などにチェックしておくのをお勧めします。 また、治療内容について納得いくまできちんと説明してくれるかどうかも重要です。 中には説明もままならないまま治療に入り、何やらわからないまま治療費を払うなんてことも…。 そうならないためには、わかりやすく説明し、こちらの質問にもきちんと答えてくれる先生やスタッフかどうかをきちんと見極めること必要です。 一見して判断するのは難しいですが、これらの要素をチェックし、通い続けるかどうかを判断するのがいい歯科に出会う方法の一つであると言えるでしょう。

いい医者は時間をかける。意外と知らない歯の治療のこと。

いざ歯科に通うとなっても、なるべく治療期間は少なく済ませたいのが患者の本音。 虫歯だけ削ってくれればいい、そう思いがちです。 しかし、歯の治療とはよい歯科であればあるほど完治までに時間がかかるものです。 これまで虫歯等の治療はただ削って埋めて終わりでしたが、現在は少しずつこの傾向に変化が起こりつつあります。 よい歯科は口の中の健康を保ち、長きにわたって健康な歯を保ち続けるためのアドバイスをしてくれます。 虫歯の治療も、まずは口の中を清潔にすることから始まり、検査などを経て、ようやく治療に移る。 そういったプロセスをきちんと説明し、治療に移してくれるというのがこれから先の歯科のあり方になってくると思われます。 対症療法ではなく、自分の歯についてトータルでケアしてくれる歯科かどうか。 これがこれから先歯の健康を任せるパートナーとして長く付き合っていけるかどうかのポイントにもなるのではないでしょうか。